専業主婦がお金を借りる場合

専業主婦でも借りられる

審査に関して」で説明したように お金を借りるには総量規制というものが関係します。

専業主婦の方の場合、実質、個人収入がないわけですからキャッシングをするにあたって「総量規制」による制限が問題となります。
消費者金融などでキャッシングを受けようとすれば、この総量規制に引っ掛かり、通常は融資を受けることができません。

しかし、貸金業者ではなく銀行によるキャッシングの場合は、総量規制の適用を受けませんので、年収の制限がなくなることになります。
したがって、専業主婦がキャッシングをする場合は、総量規制対象外、銀行によるカードローンに申し込めばよいことになります。
もちろん収入自体はないわけですから夫の収入などが問題にはなってきますが、収入がないから借りられない、とあきらめることはないということになります。

専業主婦でも消費者金融で借りられる

さて、上で書いたように総量規制により専業主婦が消費者金融で融資を受けることは難しくなったわけですが、実はまったく無理ということではありません。
その解決策として配偶者貸し付けというものがあります。

これは配偶者である夫と結婚していることを証明できる書類と、夫の同意者を提出すれば、夫の年収を合わせた額の3分の1までが借り入れられることになる制度で、これを利用すれば年収0円の専業主婦でも借入することが可能となっています。
しかし夫婦だという書類のチェックや審査の作業に手間がかかるという手続きの問題、何より夫に黙って借りることができないことで、主婦が申込みをすることはあまり考えられず、あまり実用的ではない制度となってしまいました。
結果、消費者金融系と信販系のキャッシング業者は専業主婦へのキャッシングサービス自体をやめたところが多く、実質借入できるのは収入がある主婦ということになっています。

業者によっては上の制度により借入できるところもあるかもしれませんので、各金融機関のホームページなどをご覧になってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加