カードを作る時の審査の比較

クレジットカードを作る時の審査の違い

クレジットカードと言っても、銀行系クレジットから 信販会社系クレジット、消費者金融クレジットなど 様々な形態がありますので、審査に関する比較をしてみましょう。

銀行系クレジットカードの審査銀行系クレジットカードの審査

銀行系のクレジットカードは審査の難易度が最も高く、社会的なステータスも高くなっています。 ですが三井住友VISAカードなどはステータスも高いかわりに審査も非常に厳しくなっています。

通常、社会人になったばかりでは取得するのは困難で、勤務年数が4~5年になってから申し込みをするか、信販系や流通系などのカードでクレジットヒストリーをつくってからチャレンジするのがいいでしょう。

信販会社系クレジットカードの審査信販会社系クレジットカードの審査

信販系のクレジットカードは審査が銀行系に次いで2番目に高くなっています。

ただし最近は信販系の中でもかなり差が出てきて、ライフカードなどはかなり審査も甘くなっていると思われます。 また、与信も初回からかなり高い融資枠が与えられるようになっています。

信販系カードはショッピングローンやオートローンなどの各種ローンを取り扱っているのが特徴で、社会人であれば多くの場合は取得できます。

消費者金融系クレジットカードの審査消費者金融系クレジットカードの審査

ここ数年間で進出してきたのがアコムマスターカードなど、消費者金融系のクレジットカードです。

他のクレジットカードに何回か申し込みをしたけど断られた、という方はぜひチャレンジしてみてください。 消費者金融系というと、どうしても悪いイメージが先行しますが、VISAやMASTERがついている普通のクレジットカードです。

機能的にも全く普通のクレジットカードで、カードフェイスも一般のカードとかわりません。

難点としては、まだ消費者金融としてのイメージは完全にクリーンとは言い難いので、お支払いでカード提示をしたときに、カードの種類を見られることをどう思うかでしょう。

主婦がお申し込みをする場合の審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加