自分の借金を調べる方法

自分の借金を調べる

信用情報の開示

お金を借りるときに審査というものがありますが
それに使用される個人情報、信用情報を取り扱う機関があります。

消費者金融関連の信用情報は日本信用情報機構が、信販会社関連の信用情報はCIC、銀行関連の信用情報は全国銀行協会の管轄となっています。

これらの機関は基本的に本人であれば情報開示してくれるので、自分の借金や信用状況を調べることができます。

クレジットカードの信用情報

クレジットカードの申し込みで断られたりしたときに
なぜだめだったんだろう?と調べたかったり
自分の借金って今いくらあるんだろう?という時に
クレジット会社が利用している信用情報機関
株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)でクレジットカード取引の
信用情報を自分で閲覧することができます。

インターネット開示

ご自分の信用情報を確認できます インターネット開示サービス CIC CREDIT INFOMATION CENTER
全国どこからでも365日、パソコン・携帯電話で開示ができます。
手続き後、画面に開示結果が表示されます。

郵送開示

開示のお申込み・開示結果のご回答はすべて郵送で行います。
お申込みからご回答の通知まで1週間から10日ほどかかります。

来社開示

営業時間内に最寄りの「開示相談室」にお越しいただき開示ができます。

ここではCICを例にご説明しましたが
上であげた3機関ともに情報開示請求ができますので
詳細は各機関のホームページにて確認ください。

なお、信用情報が見れるといっても、断られた理由などを教えてくれるわけではありません。
各クレジット会社では、独自の審査基準に基づいて審査を行っております。
そのため、各機関では否決理由はわかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加