お金を借りるとき無職の場合

無職でお金を借りる

お金を借りたいとき無職だった場合どうすればいいのでしょうか?

無職で借り入れ申し込みをする場合

まず、審査云々の前に返済計画は立てていますか? 借りることができても収入がなくては返済ができません。

金融業に関する法律の改編で過払い金の請求が一般化するなど お金を借りる上での安全面は以前よりも増していますが それに伴って各貸金業者の審査基準も厳しくなっており 以前よりも簡単にはお金を借りにくくなっています。

このために無職と言うだけで断られるのが普通です。 しかも法律により総量規制が始まりましたので金額にもよりますが、無職に貸し出すこと自体が違法とされる場合もあり、今後も無職がローンを組むことはなかなか難しいです。

無職から審査を通す

上で書いたように無職のままでは借り入れをすることはかなり難しく、まずは借入環境を改善することから始めたほうがよいでしょう。 専業主婦の方がお金を借りる場合は審査が異なりますので別ページでご確認ください。

専業主婦の方がお金を借りる

無職であることが何よりもまずいわけですから、アルバイトでもなんでも、とにかく仕事を始めましょう。 これは審査を通すというよりも、返済を考えれば当然のことですね。

週に数回のアルバイトといえども、無職の人とは天地の差があります。 何せ、無職では収入がないのですから返済ができるはずがありません。 あなたが貸す側だったらきっとそう考えるでしょう。

在籍確認と在籍日数が審査を左右する

さて、借入環境の改善でアルバイトなど仕事を見つけたからと言ってあせってはいけません。 重要なのは「貸す側」の立場になって考えるということです。

今日アルバイトが決まって、明日から出勤なのに 今日申し込みをしてしまっては、相手から見たら、1日も働いていない人となりますので、無職とほぼ変わりません。 また、審査に通るには通常、在籍確認と言って働いている場所に確認の電話が行きます。 借り入れをする金額や、業者によってはないところもありますが、通常あると考えておいたほうがよいでしょう。

在籍確認とうものは、内容や会社名は伏せて、個人名で電話がかかってくるのが普通ですので アルバイト先にばれてしまうことはないですが 今日面接に来た人宛てに電話なんてあるはずもないので 自動的にアルバイト先にばれてしまいます。

少なからず、最低数日は出勤してから申し込みをすることが得策と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加