TOP

お金を借りる

お金を借りると聞くとあまりいいイメージを持たれない方も多いでしょうが、例えばブラックカードやプラチナカードといった「お金持ち」がイメージされるカードも、お金を借りるというクレジットカードを使うわけですから、1回払いであっても一時的にお金を借りることになるのです。
また、一部上場しているような会社でも銀行から借り入れをしています。
おそらく人生で一度もお金を借りたことがない人を探すほうが大変でしょう。
つまり借りることが悪いわけではなく、その借りたお金をどう使うかが問題になるわけです。そしてもちろん、きっちり返済をすることが重要となるわけですね。

各金融機関の審査に関してはこちら

銀行でお金を借りる

お金を借りるには当然利息が安いほうがよいわけですが、どこが安いのでしょうか?
多くの方が「銀行が安い利息で融資を受けれる」と考えているはずなのに、審査がきつそう、時間がかかるというイメージから敬遠してしまう方も多いのも事実です。
ですが最近ではATMから気軽に申し込めたり、審査時間も「最短30分」などのうたい文句も出てきて、かなり使いやすくなりました。

消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金を借りると言うと一昔前は「サラ金」と言って、かなり悪いイメージがありましたが、銀行の吸収やもともと銀行の子会社が行うことで「銀行傘下の消費者金融」としてクリーンなイメージで打ち出し、法律の関係上、利息も下がり、かなり使いやすくなったでしょう。

また、会社によっては無利息キャンペーンなどで、一定期間の利息がかからないなど、使い方によっては銀行で借りるよりもお安くなったりします。

キャッシングの仕方と審査の関係


信用情報

金融会社からお金を借りるには信用情報をもとにした審査というものが行われます。
信用情報とは、もともとは消費者金融の会社が
「お金を借りて返さない人」「返済が難しくなりそうな人」
を排除するために作成したものです。

消費者金融や銀行などの金融会社は、信用情報を取り扱う団体に属しており、お金を返さない人に誤ってお金を貸してしまわないように自分たちを守るシステムを構築しています。

消費者金融関連の信用情報は日本信用情報機構が、信販会社関連の信用情報はCIC、銀行関連の信用情報は全国銀行協会の管轄となっています。

これらの情報は別々の機関によって管理されていますが、それぞれのデータベースを共有し合っているとも言われています。

「あれ?あそこの分って返し終わったっけ?」
自分の借金の額などがわからなくなってしまった場合、これらの機関で自分の借金を調べることもできます。

お金を借りる時の審査

上で紹介した信用情報を取り扱う機関の情報をもとに、金融会社はお客様に貸すか貸さないかを決めるわけですが、何も過去に借金を返さなかった人だけが審査に引っかかるというわけではありません。

収入や仕事先でも状況によっては断られてしまいます。
これは各金融会社、独自のもので
一概にこうだとダメというものはないようです。

その他、総量規制(以下で説明)という法律なども関係しますので
比較的審査の甘いと言うところに
融資の申し込みをしてみて、審査に通らないようであれば
自分が何かの条件に引っかかっているという事になります。

総量規制

総量規制とは、アコムやプロミスなど消費者金融系のキャッシングを利用する際に、お金を借りれる額が「年収の3分の1まで」と制限される法律です。

この総量規制の一番のポイントは
銀行系カードローンは総量規制対象外なのです。
つまり、車や住宅ローンの残額があっても
年収の3分の1以上借りれる可能性があるということです。

お金を借りるのに大事なこと

一度キャッシングカードを作ると、便利な反面、自分の預金カードのような感覚に陥り
ちょっとした時にキャッシングしてしまう癖がつきます。
すると気づいた時には返済不能に・・・・
そんなことにならないように、ご利用は計画的に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加